半年ぶりの再開は、成長実感の為の再開でした!

こんにちは、研修担当の小清水です

 

 

今週は、1年次社員を対象とした下期集合研修と成果報告会。

 

約半年ぶりに顔を合わせた1年次社員たち。

妙なハイテンションぶりからその嬉しさが伝わってきました()

 

 

当社は「お陰様とお互い様」と言う言葉を大切にしています。

 

決して、お互いにかばいあおう!という意味ではありません。

 

役割があるとはいえ、仕事は決して一人ではできません。

役割を全うしつつも、困った時は協力し合える関係でありたい。

そして、そうして頂いたことを、次は他の困った人にしてあげて欲しいのです。

 

実はこの考え方をしている人ほど、職場への満足度や生産性が高いという研究結果もあるのです。

 

なので、今回の研修は新入社員としての1年間を

「して頂いたこと」「嬉しかったこと」「悔しかったこと」「されて辛かったこと」などの視点で振り返り、

嬉しかったことは、そのまま後輩にも伝えること、

されて辛かったことは、後輩にせず、別の伝え方をする方法を考えました。

IMG_0211

最後はグループ発表。

image002

このことを何年も続けていると、

ある部門の社員からは、先輩社員がこの研修で「してあげたい」と語っていた事に対して

その後輩である1年次社員から「してもらって嬉しかった」との言葉が聞かれ、

心が温かくなるのです。

 

 

最終日には恒例の成果報告会もありましたよ。

 

IMG_0223

 

 

対象は高卒のHさん。

院卒も大卒も押しのけての大賞受賞。

彼女の努力、そして、先輩からの指導のたまもの。

 

「教え、教わり、共に育つ。」

こちらも、社員が切磋琢磨するきっかけになればと思っています。

 

それでは!

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク